ギターのチューニングとは

チューニングとは調音のことです。

ピアノで言えば調律、ギターなら調弦とも言います。

ギターの各弦の音程を「あるべき音程に調節する」ことです。

なぜ、チューニングをするのか?

チューニングしないと、そもそも楽器として

成立しないからです。

だって、どこを押せばドがでるとか

どこを押せばレがでるとか、決まっていなければ

演奏なんてできません。

だから、まずもとになる音程に

各弦を調節します。

ギターなら、ペグを巻いて音の高さを調整します。

では、どうやってするのか?

今の時代は、ふつうチューナーという機械を使います。

↓こーゆーやつ

機械が自動的に音を判別して、

ベストな音程になるようにガイドしてくれるので

自分の耳に頼らずとも、調音が可能です。

だから安心して初心者でも調音できます。

なお、その昔は、チューナーなんて便利なものがなかったため、

音叉というアナログなツールでチューニングしてした。

音叉はこれ

これ、どうやって使うかというと、

まず、これを机とかにかるく叩きます。

すると、金属音がなって、A(ラ)の音が出ます。

それと、ギターの5弦の5フレットのハーモニクスを

合わせます。

その後、その音を基音に各弦を合わせていく、
という方法です。

つまり、機械的に合わせられるのは5弦だけなので、

あとは、自分の耳がたよりな方法です。

初心者のうちはユニゾンしているかどうかが

判断できないので、どうしてもこの方法だと

誤差が出ます。

それにライブ会場とか周りがうるさい環境では

そもそも適さないですからね。

なので、基本はチューナーを使うと覚えておきましょう。

僕は、部屋でアコギをチューニングするときなんかには

音叉で手軽に合わせる、なんてことをします。

また、これはある程度上級者向けの話ですが

誤差何ヘルツとかのレベルの部分は、

チューナーより自分の耳を頼りに微調整したほうが

よりきれいに調音できます。

機械のゲージではどうしても、安定しない部分が

でるので、全体の調和を最後に自分の耳で確認するべきです。

ちょっと職人技的な世界ですけど。

なお、具体的なチューニングの方法については

以下の動画がわかりやすいです。

というわけで、今日はチューニングについてでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク