ギターの弦について

今日はギターの弦について説明します。

ギターは6本の弦楽器。

まぁ、こんなことはご存じのとおり(笑)

ですが、意外と弦について知らない人も多いようです。

特に初心者は、楽器屋さんにならぶ弦の種類の多さに

圧倒されます。そして、テキトーにめについたものを

購入してしまいがちですが、、弦は重要です。

弦を変えるだけで、音から上手さまで変わる可能性があります。

そこで、今日は弦を選ぶポイントについて

説明します。

■弦を選ぶポイント。

弦の太さです。

まず、太さです。

ギターの弦は1弦から6弦にかけて

太くなりますが、同じ1弦同士でも

メーカーや、種別によって異なるのです。

一般的には、

009-.042から、010-.046くらいの物が人気です。

これは、0.09ってのは、0.09cmって意味です。

要するに、009-.042なら、1弦と6弦がそれぞれ

0.9mmから42mmの太さの弦のパッケージ

という意味になります。(2弦・3弦など間の弦も

パッケージの裏とかに記載があります)

で、なぜ太さが異なるかというと

弦を張った時の弾きやすさや音が

微妙に変わるので、好みによって

選べるようにラインナップされているわけです。

細い弦のほうが、より小さい力で押さえられます。

そして、チョーキングをするときも

より軽い力で音を持ちあげられます。

速弾き系やメタル系のギタリストに好まれやすいのが

細いタイプの弦です。(ライトゲージと呼んだりします

一方、太い弦にもメリットがあります。

それは、音が太くなる。また安定するということ。

細いと、簡単に押さえられる反面、ちょっとの力の差で

弦が微妙にチョーキングした状態になります。

少し音程があがってしまうんですね。

太いことで、テンション(弦を張った時の張力

が強いので、そのほうが弾きやすく感じる人もいます。

なお、ブルース系のギタリストや

豪快なプレイをするハードロックギタリストに

太めの弦を好む人が多いです。

有名なのは、ザックワイルドとかですね。

かれは11~70みたいな、やたら太い弦を使い

さらにレスポールのブリッジのに巻きつけるような

貼り方をするので、とんでもなくテンションが

キツイと思います。(張ったことないですが・・・

初心者であれば、弦が太いだけで挫折の可能性が

あがると思うので、最初は細い弦をお勧めしています。

ライトゲージとかスーパーライトゲージて

書いているやつです。

なお、メーカーによっても音が若干変わります。

聞き分けるのは結構難しいですが、有名な弦は

一度は張ってみて、自分にあった弦を探すといいですね。

まず、有名なのはERNIE BALL(アーニーボール)

あとは、D’Addario (ダダリオ)

ぶっちゃけ、エレキの世界では

この2つのメーカーがほぼシェアを

とっているかな。

他のメーカーは好みに応じてつかう感じです。

なお、以下の個人的に以下の弦がおすすめです。

Elixir (エリクサー)

これ、1セットの値段が、

普通のメーカーのものの2~3倍するんです。

で、なぜ、そんな高いかというと、

弦が長持ちするんですね。

つまり、貼り換えサイクルが長くなるので、

結果的にコスパがよかったりします。

なにより、弦を貼りかえるという面倒くさい作業を

減らせるのが嬉しいです。

面倒くさがりの僕はもっぱらこれです(笑)

プロの友人もこれ愛用してますし、

愛用者多いです。

参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク